引用元: ◇ 心霊ちょっといい話 ver.14 ◇

518: 1/7 2009/07/12(日) 05:55:00 ID:m1hBHwq8O
はじめまして 俺も話を投下

今から3年くらい前の話しなんだが…
当時俺は仕事の関係でけっこう田舎に住んでいた。
んで、まぁ田舎なもんだから遊びに行くとこもなく、
休みの日はカメラ片手に散歩ってのが定番だった。

その散歩コースの途中に
婆ちゃんと一匹の猫が住んでる小さい家があった。
その猫がけっこう人懐っこくて、
俺がその家の前を通ると足下にじゃれついてくるんで
俺もかまって遊んでた。

それがキッカケで婆ちゃんと話しをするようになり、
散歩に出たときには婆ちゃんトコで
お茶を飲みながら話しをするようになった。

519: 2/7 2009/07/12(日) 05:57:05 ID:m1hBHwq8O
そんなのんびりした日が日々が続いてたある日
いつものように散歩に出た俺は
いつものように婆ちゃんトコに寄って
今日は何を話そうかなどと考えながら
トコトコと歩いていた。

婆ちゃんの家の前に着たときに
いつものように猫が出てきた来たのだが
何時もと様子が違う。
何時もならば足下にじゃれついてくるのが
その日は俺の顔をみると
すぐに家の中に引っ込んでしまった。

おや?っと思いはしたが、まぁいいかと思い直し
婆ちゃん家の戸を開けて中に声をかけた。

「婆ちゃ~ん」

返事がない

「婆ちゃ~ん」

猫の鳴き声しか聞こえない。

この時嫌な予感がした俺は
土間から家の中を覗き込んだ。

520: 3/7 2009/07/12(日) 05:58:00 ID:m1hBHwq8O
…嫌な予感的中。
婆ちゃんが台所で倒れていた。

「婆ちゃん!!」
婆ちゃんに駆け寄り声をかけるが反応が無い。
猫も心配なのか
婆ちゃんの周りをウロウロしながら鳴いている。
俺は急いで救急車を呼び、
近所に声をかけて人を呼んだ。

そうこうしているうちに救急車がやってきて、
俺と近所に住んでる婆ちゃんの知り合いの人とが
付き添いで一緒に救急車で病院に行った。

夕方になって近所の人が連絡してくれたのだろう、
婆ちゃんの息子さんがやってきて、
ひとしきり挨拶を交わして俺は病院を後にした。

…その日の夜、婆ちゃんは亡くなった。
クモ膜下出血で
俺が見つけた時にはもう手遅れだったそうだ。

521: 4/7 2009/07/12(日) 05:59:01 ID:m1hBHwq8O
葬儀の日、婆ちゃんの家で準備をしていると、
婆ちゃんのそばに猫がやってきて
婆ちゃんが寝ていると思ったのだろう。
婆ちゃんの顔をペシペシ叩きながら鳴いていた。
その様子や鳴き声があまりにも悲しく
その場の人々の涙を誘った。

「婆ちゃんはもう二度と目を覚まさないんだよ…
婆ちゃんは死んじゃったんだよ」

そう声をかけて撫でてやると
俺の顔をじぃっと見つめて
「ミャア」と一声鳴いてどこか行ってしまった。

…その後猫の姿を見ることは誰も無かった

525: 5/7 2009/07/12(日) 08:08:07 ID:m1hBHwq8O
葬儀も終わり一段落ついた頃、
俺は近所の人達と一緒にいなくなった猫を捜していた。
アチコチを捜してみたが何処にもいなかった。

ある日俺は夢を見た。

婆ちゃんの家の縁側で
俺は婆ちゃんと一緒にお茶を飲みながら
日向ぼっこをしている夢だった。
春の陽光がポカポカと暖かい縁側で俺達は無言で、
しかしその静寂がとても心地良かった。

そのうちどこからともなく猫がやってきて、
俺の膝の上に乗って丸くなった。
その猫の様を見て俺と婆ちゃんは
顔を見合わせてクスクスと笑いあった。
とても心地良い時間が流れていった。

お茶を飲み終わり暫くしてから婆ちゃんが
「さて、わたしはそろそろ行くよ。
お迎えが来たことだしね…」

526: 6/7 2009/07/12(日) 08:11:39 ID:m1hBHwq8O
ふと前を見ると一人の青年が立っていて、
こちらをニコニコしながら見ている。
その青年が俺の方を見て会釈をしたので俺も会釈をし、
婆ちゃんの方を見た。

すると婆ちゃんはいなくなっていて、
青年の方を見ると若い小柄な女性が立っていた。
俺にはなぜかその女性がすぐに婆ちゃんだとわかった。
そして迎えにきた青年が
ずっと前に亡くなった婆ちゃんの旦那さんだとわかった。

俺の膝の上で丸くなってた猫が
ムクリと起きあがって二人の足下に歩いていく。
二人と一匹が並んで頭を下げた。

「今まで話し相手になってくれて
ありがとうとても楽しかったよ」

「俺も楽しかったよ、婆ちゃん」

「じゃあ元気でね。身体に気をつけてね」

「うん、ありがとう。またな婆ちゃん」

「またね」

そう言って二人と一匹は霞の中に消えていった。

527: 7/7 2009/07/12(日) 08:23:53 ID:m1hBHwq8O
そこで目が覚めて起きた。
ああ、婆ちゃんと猫は
一緒に向こうに行ったんだなとなぜか納得した。

後日、婆ちゃんの家の近所の人に話し聞くと
猫が婆ちゃんの家の庭の木の下で
丸くなって死んでるのが見つかったそうだ。
そして俺が夢を見た日が婆ちゃんの49日だった。

あれから婆ちゃんと猫の夢は見ていない。
婆ちゃんと猫はあっちでも
仲良く暮らしてると俺は思ってる。


途中で規制が掛かってしまい
書き込みができなくなってしまいましたが、
なんとか全部書けました。

こんなgdgdな文章を読んで下さいまして
ありがとうございましたm(__)m

528: 本当にあった怖い名無し 2009/07/12(日) 08:37:22 ID:SofY4V0U0
>>527
いい話だ。
>>527の優しさもあって、
お婆さんは人生最後の時に、
よい時間を過ごせたと思うよ。

529: 本当にあった怖い名無し 2009/07/12(日) 08:59:47 ID:vWnpI6Ro0
>>518
良い話を有難うございます

530: 本当にあった怖い名無し 2009/07/12(日) 09:47:56 ID:WvMiemml0
>>518-527
猫…忠猫だね。
婆ちゃんの危機を知らせたり、
あっちまでお供したり…
愛するものに囲まれて
ばあちゃんも幸せにやってると思う。
いい話をありがとう。


531: 本当にあった怖い名無し 2009/07/12(日) 11:25:19 ID:YiyUnW/j0
>>518
心洗われる話をありがとう。
目から汁出たわ。
>>518の人柄もあるんだろうけど、
とても素敵な出会いをしたんだね。

自分も、できることなら
こんな穏やかな最後を迎えたいもんだわ。

532: 本当にあった怖い名無し 2009/07/12(日) 15:50:06 ID:V8kLFgWAO
ええ話や(TдT)
親しい人が亡くなったあと、
夢の中でも幸せそうな姿を見せてくれると、
いずれ来るであろう死が怖くなくなった。
 
先に逝った人に恥ずかしくないよう、
精一杯生きようと思う。

533: 本当にあった怖い名無し 2009/07/12(日) 18:24:28 ID:3tleDSkD0
>>527
やっぱりヌコにも魂あるんだな
いい話ごち

次のおはなしは↓(アンテナサイトを介して自社記事に飛びます) 
【驚愕】大好きだった彼女に、俺『別れよう』泣く彼女「」→俺は別の女性と結婚し、彼女も宗教に熱心な人と結婚したと聞き、俺『今なら逢える』→結...

【あ然】結婚式で。友人『一族きっての美人が来てるらしいよ』私「へ~。楽しみ」→友人『あの人よ!』私「えっ」→美人の姿が衝撃で、さらに・・・...

【驚愕】デブった私に、見知らぬおじさん「(レジの順番スッ)先どうぞ」私『あ、ありがとうございます』→バスで、若者「(席)スッ」→世間の優し...

嫁『ロシアに転勤になった。ついてきて』俺「ロシア語喋れんし、仕事も辞めないと…」嫁『うまくいけば昇進する』結論は・・・・・

ピンポーン!男『年金未払いですよね?』私「払ったけど」男『反映されるのに2~3ヶ月かかるから』私「」帰って行ったが・・・・・

庭をDIY中、妊婦私「なんか痛いかも?でもここだけ終わらせよう」苦しみつつコンクリを流していたら・・・・・・

【あ然】ベンチャーIT企業じゃない俺『私服でコーヒー飲みながらイヤホンで音楽聞いて、フレックスタイムで10時出勤ってマジ?』→2chの反応...

【あ然】DQN先輩『会社にナイショで結婚式するから来い』俺「…はい」→当日、寝坊した俺「ヤバイ!タクシーに乗ろう」運転手『1万5千円だよ』→...

【愕然】運転マナーが最悪の県に引っ越した。→車『(ウィンカーも出さず)割りこみ』初心者マークの私「危ない!」→どうやらダントツの事故率を誇...

【あ然】彼女『(給料18万だし…)ワリカンね』俺「おう」→1年半後、俺「本当は給料36万なんだ」→最初は驚いて嬉しそうだったのに、その後・・...

【衝撃】紀州犬を飼う俺『たまには大物獲ってこいよ』犬「」→翌日、家を出てった犬が何かくわえて帰って来たと思ったら・・・・・・・

【あ然】職場の地味女に、私『最近お洒落だね、彼氏でもできた?』すると地味女「それって失礼じゃないですか?」私『えっ』→普段あまり喋らない地...

【衝撃】俺『彼女になってください』女「」→3度告白するも、スルーされた俺『いつか彼女になってくれたらなぁ…』→3年が過ぎた結果・・・・・・・

【衝撃】海外で働いていた母『青い目の女の子を連れてきなさい』俺「」→数年後、俺「彼女を紹介したい」→東南アジア出身の彼女を連れていった結果...

【愕然】会社を辞めてお金がない私『ご飯どうしよう…あ!いいこと思いついた^^』→若い女の子で、こんなことしてるのは私だけだろうが、大成功し...

【愕然】ディーラーで。DQN『車検よろしく』レクサスディーラー「」整備士の俺「えっ」→とんでもない車を持ってきやがったwwwwwww

【あ然】【前編】私『(離婚届け)ドンッ!サインしてよ!』→3回目に夫「わかった」私『試しただけ!』夫「」→夫が出てって1年、弁護士の言うこ...

【愕然】屠畜場で働く俺『感情は出さない』2ch「給料は?」俺『割といい』2ch「機械化すべき?」俺『ムリなくらい繊細な仕事』→1番やりたく...

【衝撃】嫁がしんで4年たった。お線香焚きながら、俺『ずっと愛してる…ウェーン!』→ビービー泣いてたら、双子の娘たち(17)に見つかった結果...

【衝撃】次男の息子『嫁は一人娘だからあっちの姓にする』私「家業がある訳でもないのに?」→養子にもなってないので、息子にはなんのメリットもな...

【衝撃】飲み放題の席で。店員「飲み物ラストオーダーお願いします」すると上司『上から順に全部10杯ずつ』周囲「えっ」→すると、店員は・・・・...

【驚愕】宅配ピザを注文して1時間半後、俺『まだですか?』店員「あ?今行くって」→2時間半後、到着したピザを見ると、トマト輪切り3つにチーズ...

【あ然】店員「996円です」俺『(1001円)スッ』→店員「え?1円はいらないです」俺『いいからレジ打ってみ』→衝撃の展開に・・・・・・・

【愕然】夜中に、ある田舎町で。タクシー『スッ』私「ん?」→よく見ると、タクシーの表示部分『助けて』私「!!!」→通報した結果・・・・・・・

【衝撃】俺を完全無視する娘『』嫁「家には帰ってこないで」単身赴任1ヶ月目の俺『えっ』→娘は、嫁と俺が電話で話すだけで怒り狂うらしく・・・・...

【愕然】ハロワで。私『模擬面接お願いします』事務員「訓練受ける意味を考えたら?」職業訓練に通う私『えっ』→事情を説明すると、事「それはあな...

【驚愕】俺には人のシ臭が分かる。→末期ガンで余命宣告されたお婆さん「プ~ン」俺『あっ。この臭い』→その4日後に・・・・・・・

【衝撃】離婚届けを提出し、スキップで帰る私『ルンルンッ^^』姑「そんなマヌケな所!何かあったの?」私『離婚届出してきました』何も知らない...

父『ただいま~』私(いつもと足音が違う!)病院へ行くと、医者「脳梗塞の可能性があります」私『えっ』しかし・・・・・

整形外科で、チャリで事故った私『座ろう』元気な老人「ここ知り合い来るから!」私『』仕方なく立っていたら・・・・・

俺「離婚しよう」嫁『えっ』俺「お前は市営住宅に住め」嫁『えっ』5年で1000万以上貯まったんだが・・・・・

1001 : 【衝撃】田舎で。猫と住んでいたばあちゃんがなくなった。俺『あれから猫を見ないなぁ』→その晩、夢でばあちゃん「さて、わたしはそろそろ行くよ」→猫が、なんと・・・・・・・の名無しさん : 2017年08月13日10:05