引用元: スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part57

265: 名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)18:30:53 ID:JoP
相談したい。

娘が学校でいじめに合ったのが間接的な原因となって、
嫁に別居を要求された。
そしてその話がこじれて今離婚も話に出ている。

状況を説明すると、娘は今中学生で、一人娘。
去年のクラスでいじめに合い、
一時的に不登校状態になった。

いじめの内容は、無視、聞こえるように陰口を言われる、
グループ活動の際に意図的に除け者にされる、
他のクラスにも悪口を吹き込まれる等。

娘は最初は俺にも嫁にも何も言わなかったが、
家で普通に過ごしているときに
涙をぽろぽろ流すようになったため、
嫁が娘から聞き出していじめが発覚。
学年の最後の方だったが、
無理して行くこともないとしばらく登校はさせず、
俺が学校と話し合いをした。

娘の希望もあり、あまり大事にはせず、
来年のクラス替えの際の配慮を
学校に約束してもらった。
それで今年度からは周りのお友達の助けもあり
何とか安定して通学している状態。

俺と娘の関係を書いておくと、
ごく普通の親子だったと思う。
顔を合わせる時間は嫁に比べればもちろん少ないが、
それでも会話は普通にあった。

娘は小学生のころは俺によくまとわりついてきたし、
中学校に入ってからは一緒にテレビを見ながら
俺に色々話しかけてきた。
いじめの問題でごたごたしている時は、
嫁が率先して娘のケアをしていたため、
あまり込み入った話は俺からはふらなかったが、
他愛も無い話はぽつぽつしていた。

それが今年の夏ごろから
少しずつ態度が変わっていった。
話かけても反応が鈍く、
俺が会社から帰ってくるとリビングにいたのに
逃げるように別の部屋に行ったりしてた。
俺は思春期の娘の態度としては
そこまで不自然なものではないと感じていたし、
むしろ遅かったように思っていたから
娘の精神的な成長が見えた気がしてホッともしていた。

ただ、最近はそれがエスカレートしてきていた。
俺の顔を一切見ようとしないし、
俺が居ると塞ぎこんで
嫁とも話したがらないようになった。
ずいぶん嫌われたもんだと寂しくも思ったが、
反抗期ならいつかは終わるだろうと思っていた。

それが、つい先日嫁に別居を打診された。
家から車で1時間程度のところにある
俺の実家で暮らしてくれないか、と。
この家で娘をゆっくりさせてあげたいと言われた。
通勤時間は20分くらい増えるだけだから
問題ないでしょ、と。

俺にとっては寝耳に水の話で、慌てて訳を聞いた。
そしたら、娘が俺を怖がっているから、と言われた。
俺は家で怒鳴ったことも手をあげたこともない。
どちらかと言えば大人しい部類の人間に入ると思う。
意味がわからなくて具体的に聞いた。

嫁は色々と言ってきたが、大きく2つ。
音と視線だった。
ドアを開ける音が大きい、
コップをテーブルに置く音が大きい、
足音がうるさい。
果てはくしゃみや咳払い、
爪楊枝を使っているときのチッチという音が嫌、
話しているときに聞こえなくて
聞き返す言い方が怖い。

分けます。



266: 名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)18:31:15 ID:JoP
続き

視線については、
娘がリビングやダイニングで何かしていて
物音を立てた時に、いちいち娘の方を見るのが嫌、
部屋に入ってきたときに
娘の方を一瞥して無言で目を逸らすのが嫌、等。

言われれば確かにそうかもしれない、と思うことだったが、
怖がるほどのものではないと思った。
しかし嫁いわく、今の娘はとてもデリケートで、
人のちょとした仕草に怯えるし、不安になるそうだ。
俺が大きな音を立てれば怒っているのかと不安になるし、
無言でチラ見されると
学校でこそこそ悪口を言われた時のことを思いだす。
そうやって周りの様子に神経を使う癖ができているから、
くしゃみや咳払いにもおびえるということだった。

そう言われると理解できたので、
気を付けるようにすると言ったが、
嫁はすぐに直るわけがないから
一時的に別居してほしいという。
結婚してすぐのころも
「もっと優しくドアを開けて」と言っても直らなかった、
今回は娘のために妥協できないと。

それにしたってあまりな話ではないかと
俺は嫁に抗議した。
嫁は俺が抵抗するとは思わなかったようで、
「なんで?娘のためだよ?」と言うばかりだった。
それで俺もカッとなって、
「お前とあいつは良いかもしれないが、
俺のことも考えてくれ」と言った。

そしたら嫁も怒って
「私だってあなたを追い出したいわけじゃない。
でも今一番大事なのは娘。
一緒に娘のことを一番に優先してくれないなら
離婚も視野に入れる」と言われた。

あくまでも、
学校では不安と戦いながら頑張っている娘に、
せめて家では完璧にリラックスしてほしい
ということだった。

嫁に、
「あいつ(娘)も俺に出て行ってほしいと言っているのか」
と聞いたら、
「優しい子だから自分からは言わなかったけど、
“お父さんにしばらくはお婆ちゃんの家に
いってもらうように言うね”と言ったら
ホッとして頷いていた」と返された。

なら俺が娘に、
俺の行動は娘が思うような意図は一切ないこと、
これからは娘が嫌がるようなことは
絶対しないことを約束すればいいじゃないかと嫁に言った
(その時は娘は習い事に行っていて不在)。

そうしたら嫁が泣きながらキレて、
「何にもわかっていない。
それに貴方と話すことで余計なストレスを与えるだけ」
と言われた。
嫁が泣いて何を言っても返事をしなくなったため、
話し合いはそこで終わった。

それが昨日の夜のことで、
今日の朝は娘が起きてこないうちに家を出て
取りあえず実家に行った。
嫁とも会話はしていない。

嫁と母は仲が良いため予想はしていたが、
母は事情は知っていた。
そして嫁の味方。

嫁は、ただ娘に元気に過ごしてほしい一心で、
確かに俺からすればひどい話かもしれないが、
こういうことで母親に逆らうのは
賢明ではないというのが母の意見だった。

実家で過ごしているうちに、嫁から
「昨日は感情的になって申し訳なかった。
でも別居については私からもお願いします」
というメールが来た。

俺が「別居するとしたらいつまでか?」と送ったら、
「申し訳ないが、娘次第なのでわからない」
と返ってきた。

俺は出ていくべきなのだろうか。

268: 名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)18:48:26 ID:PeU
>>265
不本意かもしれないけれど
暫く娘さんとは離れた方がいいと思う

私の兄もとにかく生活音が煩い人
家の中を歩くだけ、本棚から本を取り出すだけ、
ごはんを食べるだけでも何故か煩い

私は慣れていたつもりだったけれど
兄が独立してから兄の家に遊びに行った時
あまりにも兄がうるさくて
2泊3日の間ほとんど眠れなかった、
いびきだけでなく寝返りでも何でも煩い

でも自分は兄のことを嫌いではないし
逆にとても仲がいいと思ってる
兄も自分が煩いことは認識しているし
色々気を付けているんだろうけれど直せない

娘さんもあなたのことを嫌いになったわけではないよ
今は神経が過敏になって
全部マイナスに捉えてしまうだけで
例えそれが大好きな父親の出した音でも
上手く処理できない状況なんだと思う

娘さんだってまた
お父さんのこと好きな娘に戻りたいと思ってるはず

269: 名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)18:51:50 ID:5ko
>>265
夫も所作の荒々しいところのあるひとで、
子どもと目を見合わせて耐えたことがたびたびあります

単にしつけられていないだけかもしれないけれど、
なんというわがままなオトコだろうとは、
その都度思いました

こじれてしまうと復旧できなくなるから、
すぐに別居して安心させてあげてほしい
自分ひとりで暮らしているのではないから、
所作をコントロールする訓練期間だと思い、
がんばってください。

275: 名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)19:10:29 ID:3FP
>>265
嫁さんも別居を言い出すのに
たくさん悩んで勇気がいったと思うよ
今は素直に別居を受け入れて、
今まで自分のせいで
娘さんを怯えさせてしまったことを
心から詫びた方がいい

別居中は嫁とメールで日々の様子を連絡してもらうとか、
もし娘さんが大丈夫そうなら
たまにレストランで食事する程度にすれば
寂しさも紛れるのでは?



287: 名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)21:15:31 ID:JoP
>>268>>269>>275
>>265ですが、
ご意見くださった方ありがとうございました。

やはり別居には応じるべきですよね。
風呂に入りながらなぜ別居に対して
抵抗を感じるのか考えてみましたが、
一番は自分が帰る場所がなくなる恐怖感だと思いました。

娘がそういった恐怖と戦いながら学校に通っているのに、
いい大人の自分が、しかも自業自得なのに
うだうだ言っている場合ではなかったと思います。

今後のことは嫁と話し合い、
娘の気持ちを最優先で別居に応じたいと思います。
ありがとうございました。

288: 名無しさん@おーぷん 2016/12/11(日)21:23:06 ID:5ko
>>287
切ない思いもたくさんあるでしょうが
「お嬢さん第一」で踏ん張ってくださいね

307: 名無しさん@おーぷん 2016/12/12(月)12:11:20 ID:Qz8
>>287
もし見てないかもしれないけど
別居している間に嫁(娘)から言われた箇所を
出来るだけ治せるようにね

次のおはなしは↓(アンテナサイトを介して自社記事に飛びます) 
可愛い女『昨日彼氏と別れたの…』イケメン公務員俺(俺と付き合いたいんだな…)→彼女を捨てて可愛い女とデートしてたら…

父が交通事故で他界すると、母はウキウキし出した。母『食器集めを始めた』私(父の存在がストレスだったんだな…)→遺品を整理したらなんと…

手紙『あなたの婚約者はイジメの首謀者です』俺「!?」両親「興信所で調べよう」→興信所「事実です」俺「」今の彼女からは想像もできなかったが…

私『病気で退職した。専業主婦希望で婚活しようかな』男「俺も主婦希望の人を探してたんだ。付き合おう」私『うん』→入籍しようとしたら…

スーパーに『優しいママ』のパフォーマンスをする女がいた。女「わぁーできたねぇー上手だねぇ」2、3歳の女の子に熱心に話かけてるが…

相談女に引っかかってる旦那を放置した。旦那『女に頼られちゃってさ~』私「そんな素敵な人に好かれて凄いね」→結果…

雨の音がしたので外を見たら、隣家が火事だった。私『消防車お願いします!』警察「家の外に避難して下さい」→3時間後に鎮火したが…

リコン決定後、嫁が4000万の資産を隠していた事が発覚。嫁『貯めたのは私だ。3分の2はよこせ』旦那「」→結果…

嫁の料理を吐いてしまった。嫁『実家に帰る!』俺「」→職場「嫁さんに土下座しろ!」俺「」→嫁の実家に行き、土下座でリコン届を差し出したら…

13年前に付き合った男から、SNSでストーカーされてる。男『何十年でもあなたを待ちます』私「」勝手に妄想を爆発させていて…

彼に小説を貸したら、現金で返された。彼『フリマアプリで少し高く売れたよ!』私「なぜ勝手に売ったの?」すると…

お見合いパーティーで。係員『今日は男の人が少なくて…』私「5人しか来てないんですか!?」初回無料でタダだったのだが…

3年間の姑の介護が終わった。旦那『いつまでニートするつもり?』私「また不採用だった…」旦那『無職だった人を雇う会社はないぞ』→結果…

彼氏の携帯を見たら、他の女と遊んでた。彼氏『人の携帯見るとかそれ以前の問題だ!』私「じゃあ私が悪いの?」すると…

会社『試用期間中の態度が悪いので、本採用はしません』新入社員「ハイハイわーかーりーまーしーたー」→しかし新人はまた出勤してきて…

留守電『今すぐ来て』私「深夜1時に知らない番号からか…着信拒否しよ」→ある朝、留守電を確認すると10件ほど着信があり…

男『ラーメン奢るよ』女「プレミアム全部のせ大盛チャーシュー麺(2000円)にする」男『』→女「写真パシャ!ごちそうさま!」男『』→結果…

車に乗った男『※って場所はどこ?』女「分からないので交番を教えますね」男『え?どこ?』女(ヤバい奴だ…)→女が車から離れたら…

役所『亡くなったお父様の未払いの税金を払え』俺「相続破棄で!」→女「お父さんの後妻です。借金払え」俺「!?」→結果…

長年憎んでいた父が余命僅かになった。父『会いたい』私「わかった」→父&後妻『よく来てくれたね』ある事実が明らかになり…

旦那の貯金500万円が、結婚翌月に他人の口座に振り替えられていた。私『詐欺じゃん…!』自称年収400万の旦那の源泉徴収票を見たら…

会社『本社勤務はほとんど転勤ないよ』俺「よかった」→会社『鹿児島の山の中に転勤な』俺「」無能すぎて左遷され5年経過したら…

彼氏(28)『これが桃かあ。初めて見た』私「!?」彼氏『果物はミカンとリンゴ以外見たことないんだ』食文化が違いすぎて不安なんだが…

娘『奨学金て自分で返さなきゃいけないの!?』私「それが筋でしょ」娘『友達は親が返してくれるのに!』我が家の通帳を見せたら…

私『お見合いしない?』30歳目前女「ハラスメントだ!」私『!?』アラフォー男が妥当だと思い紹介してあげたんだが…

バイト面接『君は清潔感がないので不採用です』俺(不潔ではないのに…)1ヵ月後に同じ所に面接に行く予定なんだが…

弟が俺のクレカで高額商品を買い、ナンバーを控えていた。嫁『カードが使えなかった』俺「?」弟「限度額上げてよ」嫁はブチぎれ…

旦那『鬱病と診断された』私「保険証使った形跡ないよね?診察券は?」旦那『今は診察券なしの病院が多いんだ!』仕事を辞めた旦那は…

出張中の旦那『今どこにいるか証明しろ!』私「店で食事してる。友達と代わるね」旦那『あ、どうも…ガチャン』→帰宅した旦那に事情を聞いたら…

玄関のドアを開けたら、彼女が男と談笑してた。彼女『弟だよ』俺「免許証見せろ!」男「はい」→結果…

私(鯛めし作るか…)彼氏『魚をさばく女は無理。別れよう』私「こちらも無理です。さよなら」→翌日…

1001 : 娘が俺を避けるようになった。嫁『別居しよう。この家で娘をゆっくりさせてあげたいの』俺「意味が分からん」→まさかの事実が…の名無しさん : 2018年06月14日00:05